浴室の混合栓で必要になる水漏れ修理の事例

混合栓の水漏れトラブルをチェック 浴室の水漏れ修理

浴室の混合栓からの水漏れは早急に修理する

浴室

毎日使う水場の代表的な場所の1つが浴室です。浴室の中でも混合栓は水漏れが起こりやすく、トラブルが起きると非常に不便です。浴室の混合栓で水漏れが起きたら、すぐに水漏れ修理をして快適な浴室を保つように心がけましょう。

混合栓の水漏れトラブルでよく見られる事例

吐水口からの水漏れ
浴室にある混合栓の中で起こりやすいトラブルの1つが吐水口からの水漏れです。吐水口とは、混合栓の先端部分であり、水が出てくる場所のことを指します。そこから水がポタポタと漏れてきて止まらなくなってしまうトラブルが発生するため、吐水口の水漏れ修理が必要です。
本体からの水漏れ
浴室の混合栓のうち、本体部分であるパーツの上部や下部から水が漏れてくるトラブルも考えられます。混合栓から水がにじみ出てくるなどの異常を感じた場合、本体が回転する場所を観察して水漏れ箇所を把握し、水漏れ修理を行ないます。
レバーからの水漏れ
浴室の混合栓のレバーやハンドルの下などから水漏れがしてしまうこともあります。たとえば、バルブカートリッジが劣化していたり、レバーハンドルの劣化や緩みで引き起こされたりすることが少なくありません。緩みを直しても水漏れが改善されない場合は故障も考えられるため、水漏れ修理が必要です。
混合栓設置箇所からの水漏れ
浴室の混合栓の根本部分から水が漏れるというトラブルもあります。このトラブルの場合、給水管との接続が悪いことや、パッキンが劣化したことによって引き起こされることが多いです。部品交換や水漏れ修理を迫られる可能性もあります。

水漏れ修理を個人で行なうには高度な技術や知識が必要

水回りは、毎日使う場所なので使うスピードが速く、すぐに劣化してしまいやすい場所です。浴室の場合も同様で、もしトラブルが起きたら早めにトラブルを解決したいと思うかもしれません。しかし、自分で修理をしようとすると、逆に破損したり接続できなくなったりして、被害が大きくなってしまうこともあります。そこで、起こってしまった水漏れトラブルを確実に解決するためにも、専門の業者に相談をして修理などの依頼をするようにしましょう。業者に依頼することで被害状況を悪化させることなく、確実に混合栓の水漏れ修理をしてもらうことができます。

スムーズに水漏れ修理を依頼するためにも混合栓の種類を把握しよう

水漏れ修理を依頼する場合は、水漏れを起こしている箇所と混合栓の種類を業者に伝えておくと、よりスムーズに相談できます。ここでは、様々な種類がある混合栓についてご紹介するので、業者へ修理を相談する前に覚えておきましょう。

混合栓の種類

単水栓
単水栓とは、ハンドルを反時計回りに回すことによって水を出し、時計回りに回すことによって水を留めることができるタイプのものをいいます。
2ハンドル混合栓
2ハンドル混合栓は、ハンドルは2つ付いているタイプです。水が出る仕組みは単水栓と同じですが、お湯と水の2つを出すことができるようになっています。
シングルレバー混合栓
シングルレバー混合栓は、1つのレバーで水を出したり止めたりすることができるタイプです。お湯と水を出したり、温度調整などができます。
サーモスタット混合栓
サーモスタット混合栓は、給湯温度や水圧が上がった場合にも自動で温度を調整する機能が付いたタイプです。ハンドル操作でスパウトとシャワーの切り替えもできます。
TOPボタン
浴室の混合栓劣化は水漏れ修理業者へすぐに相談